快適な生活のための屋根の役割

屋根は、寒暖、湿気、防音、地域によっては雪、台風や防風などから住んでいる人の快適な生活を守らなければなりません。
夏の暑さ、冬の寒さを和らげるために、屋根と天井との間との空間の取り方の工夫。また、ことに梅雨時の湿気を取り除くため、空気の流れも想定して作ります。
積雪量の多い地域では屋根の傾斜や、屋根材とその貼り方で、雪が自然に落下するように作られている家が近頃は多いです。
台風や防風への対策としては、屋根材が大きなポイントを占めます。お勧めなのが、フッ素・アクリルハイブリッド鋼板とガラス繊維断熱材を取り入れた、JFEホールディングス株式会社のスーパーヒランビー、表面に陶器瓦と同じ焼成を施した自然石粒を特殊な方法で接着した、株式会社ディートレーディングのディーズルーフィング、従来に屋根素材にはない特殊繊維を樹脂で固めた、ケイミュー株式会社のルーガなどが挙げられます。

定期的な点検が大事

家族の安心・安全のために、建ててから何年か経ったら、傷みや機能の低下の個所はないか、家全体を調べてみましょう。
自分でできない場合は、専門の人に調べてもらうと安心です。
異常や不都合が分かった場合は、その内容によって、それぞれの専門分野の人に修理を依頼しましょう。良心的で、信頼できる業者を選ぶことは勿論です。また、出来るだけ情報を集めてから、依頼しましょう。
業者を選ぶに当たっては、依頼主の希望をよく聞いてくれ、色々な資料を提供してくれたり、何度でも相談に乗ってくれる人。期限や費用、材質、方法について、書面で双方が取り決めの内容を確認出来る業者をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>