家のライフ・サイクルの理解と経費を最大限に活かすポイント

家の色々な部位で、不具合が生じた所を直すのが修繕のリフォーム。各部位の建材ごと耐用年数に合わせて、定期的に行うリフォームを、メンテナンス・リフォームと言います。

例えば、風雨にさらされる外壁は10年おきに塗装する。水周りの設備は15~20年程度で取り換える。蟻などの虫対策工事は5年おきくらいで手を加える。というようにすると、家の機能は良好な状態を保ち続けます。

このように、それぞれの部位の寿命に応じて、補修や交換などを行うことが、ライフ・サイクルに合わせたメンテナンス・リフォームです。各部位に応じて適切にこれを行うと、要修繕は事前に防げます。

「物」は、いずれ手を加えなければならないのですから、不具合の前に手を入れたほうが、結局は経済的だと言えるでしょう。いくつかの手入れの時期を、1つにまとめて行うようにできれば、1番良いでしょう。

そのために大切なポイントは、必要なタイミングを外さないことです。タイミングが不適切だと、かかる費用が増大してしまします。

でも、目の前に不具合が見えたその都度にリフォームすると、二度手間や家の姿がツギハギだらけになったり、では困りますし、非効率的です。

そこで、可能なことは時期を合わせ、工事をいくつかうまく組み合わせて、無駄が出ないように入念に検討しましょう。信頼できる専門家に相談に乗ってもらえればベストだと思います。

道路工事などで時々見かける、舗装し終わった道に、水道を引くなどで、又、一部を掘り返すというような無駄を、我が家のメンテナンスではしないようにしましょう。

 

これで大きい一段落だと思ったが・・・。

 

家は、木、プラスチック樹脂、モルタル、コンクリート、金属など様々な材料が使われていて出来上がりますが、使われた建材それぞれの耐用年数は異なります。だから、それぞれのメンテナンスのタイミングを知って、適切にお手入れをしていくことが、家を長持ちさせるコツです。メンテナンスの時期を逃してしまうと、多額の補修費用が必要になったり、一世一代の買い物である大切な財産=家の価値を減少させてしまうこともあります。

そうは言っても使われている建材は、それぞれ寿命が違うので、思い立った時に、部分ごとメンテナンスしていては、費用の点でも時間的にも大変です。

取り換えるべきタイミングを正しくキャッチすることは難しいですので、そのおおよその目途をお示ししてみます。

 

築10年ほど経過した家の劣化部位と劣化の様子
・外部木部や鉄部が腐食して弱くなっている

・外壁が汚れ、コケなどがついてきた

・サイディングの目地が縮み、色が落ちている

・サッシまわりのシーリングが縮み、外れやすくなった

・スレート屋根の塗装が傷ついたり、小破したりも見える

・屋上やバルコニーの床の水はけ不良で、壁にシミができたりする

・シロアリ被害が疑われるようなフシがある

・全自動給湯器の不具合

・浴室と隣り合う洗面所の床下地にしっかり感がなくなった など

 

何も手を入れないで10年程経つと、屋外の木部や鉄部の劣化は素人でも分かります。そして、材質の劣化は、外見だけにとどまらず、中までダメになっているケースが多いです。
そうなると塗り替えだけで済まなくなり、修繕に多額の費用が必要になってしまいます。いい時期にお手入れ出来るよう、早めにチェックを心掛けたいものです。

また、屋根、外壁、床下など、大切な構造部分などのチェックやリフォームも考える時期です。屋上やベランダの防水工事の保証が切れるこの時期にきちんと手入れをしておくと、築20年目で大きな違いが出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>