外見だけで判断できない水周りのリフォーム

おおよそ15~25年が、水周りのリフォームの良いタイミングの目安です。

劣化の進み具合によって幅はありますが、在来工法のタイル張り浴室の場合は、20年も経つと、土台や下地材が浸食進行中というケースがしばしば見られます。水漏れや白アリが主な原因です。

水が頻繁に流れる部分なので、小さなヒビ割れでもそのままにしておくと、水を吸い込んで内部の見えない所で傷みが進んでいることがあります。

また、うっかり時が過ぎてしまうと、浴室やその周囲は、白アリが好む温かい湿気のある所なので、被害が起こりやすい部位です。

脱衣室はその位置上、浴室の湿気が入りこみやすく、床にフカフカ感がある場合は、たいてい床組みの腐食など、傷みが始まっています。

水周りのリフォームは、うっかりしていると構造材にまで腐食や破損が進んでしまい、補修費用が嵩むことになります。

浴室は、多くの場合、家の角の部分に作られ、その近くに通し柱が通っているという家の作りが多いので、特に気をつけたいところです。通し柱まで痛んだら、2階の部分や屋根にまで影響が及びかねません。

水周りは、バラバラにリフォームするより、それぞれ共通の業者が工事に当たるので、まとめて行う方が効率も良く、個別に頼むより安くできます。

また、水周りの補修は、色々な部位のリフォームのそれよりも、商品代が高額なので、関連する物をまとめて買うと割引率が上がり、幾分割安にリフォームできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>