外壁張り替え、カバー工事について

雨や風にさらされる外壁は、年数を重ねると劣化していきます。メンテナンスを行わないと外観もわるくなり、ひびなどから雨水が入り込んで、壁や柱を腐食させてしまいます。家の強度も下がってしまします。外壁工事を行うことで美しさを取り戻すとともに耐久年数を伸ばすこともでき大切な家を守ることが出来ます。

外壁の張替えとは、外壁を解体し撤去し新しいもに変える工事の事です。外壁カバー工事とは外壁の重ね張りのことです。外壁を撤去せずに、その上から新しい外壁を貼る工事となります。カバー工事は工事の期間が短くてすみます。二重になるので遮音と断熱効果が高まります。廃材がでませんので、処理費がかかりません。すべての外壁に、外壁カバー工事は対応しません。また、重量が増えることになります。外壁カバー工事の場合使用する外壁材は、軽い金属系のものを使用するようです。外壁については、種類や塗装の違いなどによっても耐用年数がかわっていきます。費用について納得がいくように、きちんと見積もりをだしてもらい業者と相談をしていくのが安心です。定期的に専門の業者のチェックをしてもらうのが良いと思います。日頃から、雨が降ったあとは水で汚れを洗い流す、ひび割れなどがないなど、目視で確認する事も大切です。